不動産コンサルのエピソード

これまでの仕事の中で
特に印象深かった出来事はなんですか?
ビューハウスの不動産コンサルタントが語る
これまでの仕事の中で印象に残っている
エピソードとは?
伊勢崎店 営業部
原田 孝裕
TAKAHIRO HARADA
お客様から涙ながらに「ありがとう」と感謝の言葉を頂いたことがあります。そのお客様は、住まい探しを始めてから長い期間ご購入に至っていない状態の方でした。ダイレクトメールやお電話などで近況やご要望を伺いつつ、物件を探す日々が続きました。そして遂に、これはお客様にピッタリ!と思える物件が見つかり、直ぐ様お客様にご紹介。物件を内覧して頂き、大変気に入ってもらえた様子でご購入にまで至りました。不動産購入はまさに人生の分岐点だと思います。期待と不安の両方を抱かれるお客様のことを真摯に考え、共に歩み、背中を押し、さらには感謝頂く。営業冥利に尽きる経験でした。
高崎店 営業部 係長
稲垣 百哉
YUYA INAGAKI
入社して3件目のご契約ですね。右も左もわからず、不動産に関する知識も経験もまだまだ未熟だった私は、お客様にご迷惑をお掛けし、たくさん怒られました。今思えば、少しの気遣いや注意すれば気づくような事がことごとく出来ていませんでした。そんな中でも、諸先輩方のフォローもあり、なんとかお引き渡しまで辿り着きました。お引き渡しの際、お客様から「稲垣さんに頼んでよかった」と言って頂き涙ぐむ姿を見た時は本当に嬉しかったです。何が一番お客様のためになるのか、まだまだ模索しながらの日々ですが、全ての人への感謝と初心を忘れぬよう業務に励んでいます。
ビューデザイン
建築設計事務所 営業部
今井 瑞季
MIZUKI IMAI
入社1年目の時、お客様にあまり良い提案が出来ずに何回も土地を案内し、お客様を悩ませてしまったことがありました。それでも諦めずに、お客様のご要望に合う土地を何度も何度も提案し、結果ご契約をしていただくことができました。そして、無事に着工した際、お客様より「今井さんが諦めずに何度も提案してくださったから無事にここまでやってくることができました。本当にありがとうございました。」というお言葉を頂きました。
お客様に満足してもらえた喜びと自分の未熟さを実感した経験でした。この悔しい思いを忘れることなく、一人でも多くのお客様に喜んでいただけるよう、これからも精進して参りたいと思います。
宇都宮東店 営業部 主任
荒井 翔希
SHOKI ARAI
入社して初めてご契約頂いたお客様は今でも印象深いですね。研修を終えて配属支店も決まり、いよいよ営業として独り立ちという中、まだまだ新人気の抜けない私は、思うような接客が出来ない日々を続いていました。そんな私でも、初回面談から物件のご案内、そして商談までを一人でなんとかこなし、初めてのご契約を頂くことができました。その後、お引き渡しの時にお客様から「物件を買って本当に良かった」と声をかけて頂いた時に、不動産を購入されるお客様の気持ちを初めて肌で感じる事ができたように思います。これからもこの仕事に誇りを持ち、お客様に頼られる営業を目指して頑張ります。